婚約指輪と結婚指輪、いつどのタイミングで購入するの?

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪は結婚を約束した時に、男性から女性に贈る指輪です。「永遠の愛」を意味するダイヤなど、宝石の付いたデザインのものが一般的です。宝石がついているので、日常の家事を行う際などには向いていませんが、女性は結婚までの期間、できるだけ身につけて過ごします。外出の際や公の場では自分は婚約している、という周囲へのアピールにもなります。
これに対して、結婚指輪は結婚してから、男女が共に普段から身につけて過ごすペアの指輪です。男性も身につけやすいよう、金やプラチナなどのシンプルなリングを用います。二人の絆を表すものとして、また、周囲へのアピールとしても意味があります。
どちらの指輪も、日本では戦後しばらくしてから広まった風習です。

指輪はいつまでに準備するの?

プロポーズの言葉とともに婚約指輪を差し出す男性も少なくないようですが、基本的には、婚約期間中、つまり、実際に結婚するまでの間に準備すれば良いのです。女性が使うものですから、女性の好みのものを一緒に選ぶという方法もあります。ただ、結納や両家の顔合わせの儀式を行う場合は、双方の親の手前、覚悟や気持ちを表す印として、準備しておいたほうがいいでしょう。
結婚指輪は結婚式までに準備します。最近の結婚式では指輪交換の儀式が組み込まれていることが多いですから、結婚式には必要になります。
指輪を購入する時は、デザインやサイズを調整したり、イニシャルを入れたり、すぐその日に受け取ることができない場合も多いので、余裕を見て少し早めに準備されることをお勧めします。

© Copyright Forever Rings. All Rights Reserved.