結婚式まで時間がない!簡単可愛いリングピローの作り方を紹介

大切な場面だからこそ、お気に入りのリングピローを

指輪を取り上げ交換する瞬間は、結婚式の中でもお互いを誓い合う一番神聖な場面です。ふたりの指輪がリングピローにセットされた様子からは、微笑ましさとともに、これから一緒に生きていこうという決意が感じられます。
そんな大切なシーンを演出するリングピロー。お店に行って買い求めることができればいいのだけれど、気に入ったものが見当たらない、または忙しいまま用意できず、式が目の前に迫っているなんて場合も多いのではないでしょうか?そんなリングピローも手作りにすると、温かみがあり、またお互いの間でも印象の深いものになります。普段手芸なんてしないしムリ、なんて方も工夫しだいで世界でひとつだけのお気に入りのリングピローがきっと作れますよ!

ふたりのアイディアをリングピローに

もしもリングピローに合いそうなお気に入りの布が手元にある場合は、それを使いましょう。不慣れだったり、時間がなかったりの場合に強い味方になってくれるのが、木工用ボンドや両面テープです。これだとほつれや糸の始末の心配がいりません。まずしつけ糸で好きな形に整えてから中に綿などを詰め、両面テープや木工用ボンドでふさぎます。中央の二カ所にリングを置くためのリボンやかわいいビーズを縫い付け、まわりをリボンやレースなどできれいにカバーします。
また、よくあるものにこだわらず、二人の思い出の詰まったアイテムにひと手間加えて、それをリングピローとして使うのも素敵です。お気に入りの絵や写真を入れた小さな額の上にリングを載せてみたり、ふたりの大好きな小説にとびきりのブックカバーを掛けてリングピローにしてしまったり、なんていうアイディアもありだと思います。ふたりの工夫で、ぜひ心に残るリングピローを準備して下さいね!

© Copyright Forever Rings. All Rights Reserved.